FC2ブログ

相模原市・町田市の住宅情報フォレストホームです。

お得な住宅ローンの選び方!!
2007 / 04 / 11 ( Wed )

銀行ローンの内容は、金融機関によって異なる。金利や借入額だけでなく、保証料の有無、返済途中での条件変更の可否など、ローンの内容が自分に合っているかどうかを確めて選ぶことが大切だ。


1 金利の低いローンを選ぶ


金利が低いローンを選べば、同じ返済額でより多く借り入れられるメリットがある。ただし、変動型固定期間選択型で期間が短いタイプは、将来金利が上がってしまう可能性がある。お勧めは、低金利ローンの借り入れを、金利が1%~2%程度上がっても返済できる程度に抑え、フラット35 (全期間固定型)などを併用する方法。それぞれの金利は金融機関によって異なるので、複数のローンを比較して選ぶことも大切だ。


増加中!「銀行ローンの金利キャンペーン(金利優遇)」

最近増えている各金融機関の「金利キャンペーン」は、一定期間の申し込みであれば、店頭金利より金利を優遇するというもの。注意したいのは、例えば「固定期間選択型2年物の当初金利を2%、それ以降は店頭金利より0.5%金利優遇」などという場合、3年目以降は店頭金利が変わらなくても返済額がアップするという点だ。この他、ローン完済時まで一定利率を優遇し続けるタイプもあるので、内容をよく検討して選ぶことが大切だ。
2 返済途中で返済額を見直せるローンを選ぶ


住宅ローンの返済期間は20年、30年の長期間にわたる。この間、例えば子どもの教育費がかさんで、ローン返済が厳しい時期が来ないとも限らない。このような場合に備え、一定期間返済額を減らせるローンがある。また家計に余裕があるときは返済額を増やし、その分返済期間を短くできるローンもある。これらのローンを選ぶときは、返済額を変更するときに手数料などがいくらかかるか確認しよう。


3 繰り上げ返済しやすいローンを選ぶ


返済途中でまとまった金額を返済する繰り上げ返済は、ローン利息が大幅に節約できるお勧めワザ。繰り上げ返済の手数料は、金融機関によって異なるので(中には無料の金融機関もアリ)、こまめに繰り上げ返済をする予定なら、こういった手数料も調べた上で、おトクなローンを選ぶことをお勧めしたい。


4 金利の低いローンを選ぶ


住宅ローンを借りるときに払う費用のうち、もっとも金額がかさむ保証料が無料の金融機関もある保証料は、ローン借入額1000万円当たり20万6140円(都市銀行の例、35年返済)にもなる。この分を頭金に回して住宅ローンの借入額を減らせば、利息分もトクできる。


5 購入価格の90%以上借りられるローンを選ぶ


家を買うための手持ち現金が不足気味な人は、購入価格の100%、さらには購入諸費用分まで融資可能なローンを選ぶ方法がある。ただし、住宅ローンの借入額が増えれば返済額や利息の負担も増える。将来も無理なく返済できるか慎重にチェックして選ぶことが大切だ。

スポンサーサイト



09:10:51 | 住宅情報 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<新築と中古どちらを選ぶか? | ホーム | 一戸建ての工法を知ろう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://foresthomesagamihara.blog75.fc2.com/tb.php/25-d908b0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お得な住宅ローンの選び方!!
銀行ローンの内容は、金融機関によって異なる。金利や借入額だけでなく、保証料の有無、返済途中での条件変更の可否など、ローンの内容が自分に合っているかどうかを確めて選ぶことが大切だ。金利が低いローンを選べ 相模原市の不動産特選情報。町田市多摩エリアもフォレストホーム【2007/04/11 09:53】
| ホーム |